本気で結婚したいなら結婚相談所へ!選ぶポイントは?

本気で結婚をしたいと思ったら、結婚相談所に登録するのがおすすめです。では、大手から小規模な結婚相談所まで数ある中から結婚相談所を選ぶ際には、どのようなポイントに気を付けて選んだらいいのでしょうか。

まずは、登録している会員数が多い結婚相談所を選ぶようにしましょう。やはり人数は多い方が、その分出会いの機会は増え、効率よく婚活を進めることができるのです。もし登録している人数の少ない結婚相談所だった場合、しばらく婚活をしているうちに目新しい人もいなくなり、紹介してもらえない状況にもなりかねません。それでは結婚相談所の機能を果たせなくなります。そういった意味では、やはり会員数の多い大手の結婚相談所を選ぶというのが安心かもしれません。

選ぶ際に費用にも注目しなければいけません。結婚相談所というと、入会金や月会費など、他の婚活方法と比べるとどうしても費用が高額になってきます。結婚相談所によって、入会金や月会費はそれぞれ違ってくるのですが、高ければいいというわけでも、安ければいいとうわけでもありません。絶対結婚したいという思いから、無理をしてでも高額な費用がかかる結婚相談所に入会したとしても、生活の負担になってしまったのでは元も子もありません。だからといって、あまりにも安く済む結婚相談所というのも心配です。会員数が少なかったりサービスが行き届いていなかったりと、何か理由があるはずです。費用の面は、サービス内容や自分の経済状況をしっかり踏まえたうえで、最適と思えるものを選びましょう。

また、入会金や月会費とは別に、結婚が決まった際の成婚料が発生する結婚相談所と発生しない結婚相談所があります。成婚料もなかなか高額なので、発生しない結婚相談所の方がいいような気がします。しかし、成婚料を設けている結婚相談所の方が、より成婚に向けてのサポートが手厚くなる傾向にあります。成婚料が発生しない結婚相談所でも、その分入会金が高くなっているということも考えられます。本気で結婚したいと考えているなら、思い切って成婚料が発生する結婚相談所を選ぶのもいいかもしれません。

結婚相談所を利用するには、どこを選ぶにしても高額な費用がかかってきます。そのお金を無駄にしてしまわない為にも、結婚相談所選びには慎重になり、しっかりと見極めてから選ぶようにしましょう。

結婚したいと思った時、すべきこと&そうでないこと

将来の生活のことや現在の孤独が嫌だから結婚したい、と思う方は少なくないでしょうが、昨今の独身率の高さから考えると、なかなかその思いが実現できていない状況があるようです。

年齢や年収、そして容姿等々、ぱっと考えられる理由は色々あるものの、今までの人生を振り返ると、学校でとてもモテていたような人は全体の中でもごくわずか、容姿に優れていたり裕福だったりする人もごく少数だからこそ周囲から目立っていたわけです。ほとんどの人は「その他大勢」であり、それでも多くの人がかつては結婚できていたのですから、分かりやすい「理由」は原因ではないということになります。

結婚したいと思った時にすべきは、まず「思いを告げる」ことです。かねてから好意を持っている人に告白してみたり、親や周囲にお見合いを頼んだり、婚活サイトに行ってみたりと色々なルートがありますが、まずは思いを伝えさえすれば、お膳立てを整えてくれる可能性は結構あります。逆にやせ我慢はまずいです。本心は違うだろうなと思われても、「本気」が伝わらなければ、相手も他人のことで骨を折ろうとはしないものです。少し恥ずかしくても正直な思いを口にすべきです。

また、チャンスが目の前にあるのに「尻込み」したり、もっとふさわしい相手がいると「高望み」してしまうのも良くありません。特に「高望み」は、就職先や出世を目指すなら結構ですが、結婚の話となると、相手にしてみれば「私はその人よりも上なんだ、もっとふさわしい人がいるんだ」的な態度に取られがちで、そのお相手はもちろん、話を持ってきてくれた方も気分を害する可能性があります。実際に会ってみて選択するのはいいとしても「値踏み」は極力すべきではないでしょう。